札幌の会員制クラブ プライベートアソシエイツクラブ|会社案内

参加資格限定会員制クラブ 札幌を中心に異業種交流パーティー等のご紹介 | プライベートアソシエイツクラブについて

sign.png

会員規約

Membera Rule

companyprofile.jpg

第1条 (利用規約)
  • 本規約は、プライベートアソシエイツクラブ(以下「当会」)が主催・運営致しますサービスを、利用者が利用する際の一切の行為に適用されます。
第2条 【本規約の範囲】
  • 当会が本規約の他に、別途定める「会員規約」「利用上の注意事項」その他の諸規定は、本規約の一部を構成するものとし、利用者はこれを承諾するものとします。又、諸規定と本規約の定めが異なる場合は、当該諸規定が優先的に適用されるものとします。
第3条 【本規約の変更】
  • 当会は、所定の方法にて通知することにより、利用者の了承を得ることなく本規約を変更、追加、廃止する事が出来るものとします。その際、サービスの利用条件は変更後の規約によります。変更後の規約につきましては、当会が別途定める特別な場合を除いて、当会が提供する手段を通じ発表するものとし、その時点より効力を発揮するものとします。
第4条 【目 的】
  • 当会は、会員制クラブとして、メンバーのライフスタイルの向上とコミュニケーションをサポートする事を目的とし、会員には、サービス利用、情報取得、会員間の交流をはかる目的でこれを利用して頂きます。尚、20歳未満の方はご利用頂けません。
第5条 【利用者の承諾事項】
  • 利用者は、本規約の内容を承諾した上でご利用下さい。当会は情報を保障する組織ではなく、情報を提供する組織であることを承諾し、サービス利用結果に関しては自己で責任を負うこと。
第6条 【利用者の義務及び禁止行為】
  • 利用者は、当サービスを利用するにあたり、以下の義務を負うものとします。禁止事項に違反した場合には、強制退会、利用停止等の不利益な措置を採ることがあります。
  • 1 お申込時またはお申込後に虚偽の申告、申請を行わないものとします。
  • 2 物品などの販売行為を行わないものとします。
  • 3 他のお客様から苦情が来た場合は、サービスの利用を禁止または強制退会処分とする場合があります。相手の名前は公開しません。
  • 4 お見合いなどの仲介行為を行わないものとします。
  • 5 違法行為(けん銃等の譲渡、爆発物の製造、児童ポルノの提供、公文書偽造、殺人、脅迫等)を請け負い、仲介し、又は誘引する行為は行わないものとします。
  • 6 利用者は、当会が事前に承認した場合を除き、当クラブを通じて入手したいかなる情報も個人としての私的使用以外には利用しないものとします。又、違反行為を第三者にさせることは出来ないものとします。
  • 7 利用者は、他の利用者や第三者、当会に対し、差別や誹謗中傷、侮辱行為、名誉を傷つける行為、信用を毀損する行為は行わないものとします。
  • 8 利用者は、自己の行為や活動の結果等は一切の責任を負うものとし、自己、他の利用者、第三者に損害が生じた場合は、自己の責任と負担により解決し、当会に対して損害賠償の請求は行えないものとします。
  • 9 利用者は、他の利用者や当会、若しくは第三者のプライバシー及び肖像権、著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為を行わないものとします。
  • 10 利用者は、他の利用者、第三者、当会の設備利用及び運営に支障をきたす行為は行わないものとします。
  • 11 利用者は、特定の政党や候補者を支持する立場から行われる選挙運動又はこれに類似する行為、布教活動、公序良俗に反する営業活動や営利を目的とした行為、金銭の貸借、又はこれに類する行為は行わないものとします。
  • 12 上記各号の他、利用者は本規約に反する行為、法令、公序良俗に反する行為、当会運営を妨げる行為、他の利用者や当会又は第三者に不利益を与える行為は行わないものとします。
  • 13 利用者は、他の利用者、当会、第三者に対し損害を与えた場合、自己の責任と負担において損害を賠償するものとします。
第7条 【利用規約違反等への対処】
  • 当会は、利用者が規約に違反した場合や、サービスの利用に関して他者から適切なクレームや請求等が寄せられた場合、当該利用者に対し下記のいずれか、若しくはこれらを組み合わせて講ずることがあります。利用者は、当会が措置を講じた場合、当該措置に起因する結果に関し当会を免責するものとします。
  • 1 利用規約に違反する行為の中止、並びに同様の行為を繰り返さないことを要求します。
  • 2 クレームや請求等を解決するための協議や、専門家への委託を要求します。
  • 3 利用者が発信又は表示する情報を速やかに削除することを要求します。
  • 4 要求に応じない場合は、情報の全部若しくは一部の削除、或いは他者が閲覧出来ない状態へ、事前に通知することなく当会にて変更するものとします
第8条 【会員データの守秘義務】
  • 当会は、利用者以外の第三者に対し、個人情報、その他利用に係る情報を開示及び漏洩しないものとします。但し、以下の場合においては情報を開示させて頂きます。
  • 1 利用者の同意を得た上で開示する場合。
  • 2 裁判所の命令、法令に基づく強制的な処分、その他、行政の判断に従い開示する場合。
  • 3 金融機関等に対し、当会への金銭債務支払及び回収に必要な範囲においての情報を開示する場合。
第9条 【サービス内容の変更、中断及び中止】
  • 当会は、利用者への通知や承諾を得ることなく当サービスの諸条件、運用規則、内容等を変更することが出来るものとし、利用者はこれを承諾するものとします。この変更には内容の部分的な改廃等を含め、限定はされないものとします。又、当会は、以下のいずれかに該当すると判断した場合、当サービスを一時的に中断、若しくは恒久的に中止する場合があります。是により利用者又は他者に損害が発生した場合、当会は一切の責任を負わないものとします。
第10条 【損害賠償】
  • 当会は、利用者が本規約に違反する行為を行った場合や、不正、或いは違法な行為により当会に損害を与えた場合、当該利用者に対して相応の損害賠償請求を行えるものとします。又、本規約に違反するか否かについての調査が必要であると当会が判断した場合、利用者は当会の調査に応じる義務を負うものとし、他の利用者も当会からの調査協力の要請に応じて頂きます。
第11条 【免責事項】
  • 当会は、理由の如何を問わず、サービス提供が遅延、中断、或いは停止したことに起因して利用者又は第三者が被った損害については一切の責任を負わないものとし、以下の事項に関しても免責とさせて頂きます。
  • 1 当会を通じて提供される情報に関し、その完全性、正確性、適用性、信頼性、有用性において、当会は一切の責任や保証を負わないものとします。
  • 2 利用者と他の利用者、或いは第三者との間で紛争が生じた場合、利用者は自己の費用と責任においてこれを解決するものとし、当会に損害を与えないものとします。但し、利用者の申し出があった場合、当会はしかるべき助言、若しくは仲介の手続きを行うものとします。
  • 3 サービス利用に起因して生じた利用者間又は第三者との紛争、トラブル、その他個人的な問題が発生した場合、当会は一切関知しないものとします
第12条 【管轄裁判所】
  • 当会と利用者との間で訴訟を提起する必要が生じた場合、札幌地方裁判所を第一審の専属的な合意管轄裁判所とします。
第13条 【準拠法】
  • この会員規約に関する準拠法は、日本法とします。
第14条 【附則項目の追加】
  • 当会は、本規約に対し、必要に応じて自由に附則項目を追加する事が出来るものとします。
第15条 【附則】
  • 本規約は、2008年9月1日より施行されます。